AGA治療に遺伝子検査と血液検査が必要な理由

美容外科や美容皮膚科は美を作り出す治療を行う病院です。美容外科の場合は手術を行うなどの特徴を持ちますが、ボトックス注射を使う事でほうれい線を目立たなくしてくれる、多汗症やわきがなどの汗による悩みを緩和してくれるなどの効果を期待する事が出来ます。ボトックス注射の場合には特別な検査を行う事なく美容施術を受ける事になります。

年齢とともに気になる

最近は薄毛で悩みを抱える人が多くなっていますが、20〜30代の比較的若い人に多いと言われているのがAGAです。美容皮膚科の診療科にはAGA治療が可能であり、医薬品投与やHARG療法などで薄毛の症状を克服する事が可能な時代です。但し、AGAであるのか否かについては遺伝子検査を受けなければなりません。

特効薬として使われる医薬品は、AGAの原因を作り出す体内酵素を阻害する性質を持ち、これにより薄毛の症状を抑える効果に繋がっています。しかし、他の薄毛の場合には体内酵素との関係がないので、病院での検査を受ける事で治療方法を見出す事出来るようになるわけです。尚、遺伝子検査だけではなく、医薬品の作用を確認する目的においての血液検査を受けるのが特徴で血液検査により医薬品の効果や副作用などを確認する事が可能になります。

AGAの治療で使えるボトックスで血流促進

なんとかしたいAGA

AGAは脱毛酵素が過剰に分泌されることで発生する薄毛ですが、他の要因も影響しています。生活が乱れていると薄毛を急激に促進してしまうので、発毛剤で血行を促進するなどの対策が必要になってきます。毎日のシャンプーでしっかりと皮脂を落として毛穴を清潔にし、それから発毛剤を使用してください。

セルフケアで効果を実感できない場合は、医療機関で治療を受けるのがベストです。最近注目されているAGA治療にはボトックス注射があります。本来は美容皮膚科でしわ改善に使われていますが、血流を増加させて毛根への栄養供給を高められることがわかっています。規則正しい食生活を維持しても、栄養素が毛根に届かないと髪は弱っていくでしょう。肌荒れを招いてしまう習慣というのは、髪にもよくないと考えて間違いありません。

ボトックス注射で毛根にたくさんの栄養が届くようにすれば、太い髪が生えてくるようになります。頭皮が硬くなると血流が悪くなるので、抜け毛が増えやすくなります。抜け毛を抑えるためにも、常に血行促進を意識した生活が必要となるでしょう。例えば暴飲暴食をすると血液が汚れやすいのは昔からわかっています。それ以外だと冷え性、運動不足なども関係しているので注意してください。