薄毛のAGAでボトックス治療

男性で薄毛の悩みを抱えている人は少なくありません。ストレスや生活習慣で抜け毛が増えることがありますが、原因である生活習慣や食生活などを改善することで抜け毛は少なくなることが期待できます。抜け毛が増える原因に男性ホルモンの影響である場合もあります。男性ホルモンの影響により抜け毛が増える場合は前頭部や側頭部が薄くなる特徴がある場合はAGAの可能性があり、放置したり自己判断で市販の育毛剤などを使っても改善するどころか抜け毛が進行してしまうこともあります。男性ホルモンの影響でAGAになった場合は専門の病院やクリニックで治療する必要があります。

方法は内服薬や外用薬を使うことが多いですが、頭皮に細胞を活性化させる薬剤を注射で注入する治療法もあります。カナダのグループによりボトックスを使った効果が発表され、日本のクリニックでもボトックスを使った治療が可能なクリニックもあります。

薄い髪

男性で抜け毛の悩みがあり気になる場合はAGAの可能性もあるため、早めに専門の病院を受診することが良い選択です。特にAGAは進行します。髪の毛が細く短くなった、髪の毛にコシがなくなった、抜け毛が増えたと感じる場合はすぐに治療を始めることが大切です。